企画委員会要綱

制定施行 平成15年6月4日
改正  平成16年1月30日
改正  平成22年2月26日

1 趣 旨

 全国美術館会議の事業活動の振興を図るため、規約第16条の規定に基づく専門委員会として、
 企画委員会を設ける。

2 目 的

 企画委員会は、規約第1章に定める目的及び事業の実現にむけて、事業活動を企画立案する。

3 組 織

 (1) 企画委員会の委員長(以下「企画委員長」という。)は、理事の中から選出し、企画委員は
   企画委員長の推薦に基づいて理事会の承認を得て、会長が任免する。
 (2) 企画委員会には、事業企画に必要な研究を進めるための研究部会を置く。
 (3) 研究部会は事業のテーマと内容等により、必要に応じて企画委員長の提議に基づき理事会の
   承認を経て設置する。
 (4) 研究部会の部会長(以下「部会長」という。)は、企画委員の中から会長の承認を経て企画
   委員長が指名する。
 (5) 研究部会の部員(以下「部員」という。)は、部会長が名簿を作成し、企画委員長に提出す
   る。また、異動があった場合には、その都度提出する。
 (6) 企画委員、部会長の任期は2年とし、役員の任期に合わせて改選を行うものとする。
   なお、その際、再任・重任は妨げないものとする。

4 事業等

 企画委員会の企画立案する事業等は、次に掲げるものとする。
 (1) 理事会から付託される事業
 (2) 各種研修会
 (3) その他、目的達成に必要な事業

5 会 議

 (1) 企画委員会の会議は、年に1回以上、企画委員長が召集する。
 (2) 企画委員長は、必要な場合は、委員以外の専門家または関係者の出席を要請することができ
   る。
 (3) 会議の結果は、理事会・総会に報告し、全国美術館会議の事業活動・事業計画に反映させ
   る。
 (4) 研究部会は、必要に応じて企画委員長に事前連絡の上、部会長が召集する。

6 庶 務

 企画委員会に係る庶務は、事務局が担当する。

7 付 則

 (1) 企画委員会要綱は、平成15年6月4日に制定し、同日から施行する。
 (2) 企画委員会発足当初の企画委員、部会長及び部員の任期の終期は、役員の任期の終期に合わ
   せる。
 (3) この改正要綱は、平成16年1月30日に改正し、即日施行する。
 (4) この要綱は、平成22年2月26日から施行する。
Copyright © 2011 The Japanese Council of Art Museums All Rights Reserved.