機関誌部会

 「機関誌部会」は最初、「ニュース研究部会」という名称で2004年に発足した後、ほとんど活動することなく、活動休止の状態が続いていましたが、2009年3月、当時の原田平作部会長のもとに集まった数名の部会員によって活動が再開され、今日に至っています。活動の内容も大きく変わりましたので、ここでは再開以後の機関誌部会の活動を紹介します。ホームページに表示される部会の会合回数の前に「再開」という言葉が付されているのはこのような理由によります。
 活動再開後、部会ではあえて紙媒体による新しい美術ジャーナリズムの実現をめざし、2年にわたる議論をとおして『ZENBI』というタイトル、発行の頻度や版形、部数を決めました。『ZENBI』の発行は2011年2月の理事会で認められ、その際には全国美術館会議の機関誌としても位置づけられました。このため『ZENBI』は当初よりと機関誌と批評誌という二つの性格をもち、両者は横組みと縦組みの二種類の記事、二つの表紙をもつ斬新なデザインの中に統合されました。
 このような経緯を経て、創刊号は2012年1月に発行されました。機関誌としては各地域の美術館をめぐる話題を報告するブロック報告、各部会の活動報告、新規会員館紹介、そして特別記事として東日本大震災への対応の報告記事などを掲載し、一方「全美フォーラム」と名づけた投稿欄にも5本の記事が寄せられました。
  発行直後の理事会で、部会名は「機関誌部会」と改称され、長谷川三郎理事が新たに部会長に就任しました。これ以来、『ZENBI』は半年に一度、年二回のペースで着実に発行を重ねています。第2号以降、偶数号に新規会員館紹介、奇数号に部会の活動報告を掲載し、ブロック報告と「全美フォーラム」は毎号掲載しています。最初は会員館に送付するのみでしたが、5号以降、一部のミュージアムショップでの取り扱いも始まり、6号から賛助会員各社からの広告の掲載も始めました。
 『ZENBI』では全国の美術館、そして全国美術館会議の活動の記録を蓄積するとともに、通常の美術ジャーナリズムとは一線を画した、美術館関係者ならではの視点や議論を提供していきたいと考えております。今後も皆さんから多くの記事を寄せていただくことを願い、あわせて一緒に編集作業に加わっていただくスタッフも募集しています。
                           (2015年12月2日 文責:尾崎信一郎)

機関誌部会からのお知らせ

Copyright © 2011 The Japanese Council of Art Museums All Rights Reserved.