美術館運営制度研究部会過去の活動

日時
2010年2月20日(土)
10:30〜12:30
場所
国立西洋美術館会議室

第13回美術館運営制度研究部会会合報告

内容

【1】著作権・寄贈ハンドブック作成について現状報告
【2】地方独立行政法人試行に関する要望書提出についてその後の報告
【3】地方分権改革推進委員会の第3次勧告について
【4】意見交換

3 文化庁の国家補償に関するワーキンググループに村上博哉(国立西洋美術館学芸課長)が参加

4 その他
平成20年度学芸員研修会報告書作成(平成22年3月25日発行)

5 平成22年度今後の会の進め方
(1)著作権・寄贈ハンドブック作成(継続)
(2)国家補償制度の継続調査
(3)指定管理者制度の現状、問題点を調査 

●「著作権・寄贈ハンドブック作成」の進行状況を確認、今後の進め方を検討した。地方独立行政法人試行に関する要望書提出、国家補償に関するワーキンググループ、地方分権改革推進委員会の第3次勧告について報告、意見を交換し、部会としての方向性を検討した。
●22年度はハンドブックの発行を目標とし(秋ころ出版)、加えて指定管理者制度の現状、問題点を調査していく。
Copyright © 2011 The Japanese Council of Art Museums All Rights Reserved.