美術館運営制度研究部会過去の活動

日時
2015年10月16日(金)
15:00~18:40
場所
国立西洋美術館 第一会議室

第22回美術館運営制度研究部会会合報告

内 容

議題: 「美術館の原則と美術館関係者の行動基準」(仮称)の第4草案の検討
 2015年5月29日に郡山市立美術館で開催された第21回会合での討議を反映させた第4草案が7月にできあがった。
 その後、8月から9月にかけて、この草案について電子メールを通じて部会員の間で修正意見が交換された。今回の会合ではそれらをもう一度再点検し、逐条討議と全体構成を検討した。
 用語統一などの細かな修正から、新たな条項を設ける提案まで幅広く意見が交わされた。加除訂正すべき表現が多数指摘され、2週間内に部会員が手分けをして作成作業を行うことになり、部会長がそれらをあらためて第5草案にまとめることが決まった。
 また、前山裕司全国美術館会議企画担当幹事から当部会へ、2015年度の第30回学芸員研修会を担当することが依頼された。当部会はそれをお引き受けすることにし、テーマを美術著作権及び作成中の「行動基準について」の二本立てで、年度末に実施するよう準備を開始した。
 著作権法改正が近年も度重なり、TPP交渉の影響も今後大きく受けることが必至であるために、2008年に引き続いて美術著作権を取り上げることとなったもの。
 また、作成が進行中の「行動基準」を広く周知させ多様な意見をくみ上げるために、ぜひこれもテーマの一つにしたいと考えている。
(文責:貝塚 健)

出席者

山梨俊夫(部会長:国立国際美術館)
貝塚 健(幹事:ブリヂストン美術館)
村上博哉(国立西洋美術館)
安田篤生(原美術館)
雪山行二(富山県立近代美術館)
前田忠史(茅野市美術館)
Copyright © 2011 The Japanese Council of Art Museums All Rights Reserved.