学芸員研修会報告書

日時
2007年3月29日 - 2007年3月30日
場所
福岡市美術館
〒810-0051
福岡県福岡市中央区大濠公園1-6
TEL:092-714-6051
FAX:092-714-6145
主催
全国美術館会議教育普及研究部会

第22回学芸員研修会

開催趣旨

 今日、ボランティア活動と言われるものは、ごく日常的なものとして一般に定着したといえましょう。美術館においても例外ではなく、 多くの館で様々な活動が展開されています。
 また、それらの活動は、主に教育普及活動の一環として取り入れられていることから、 特に教育普及を担当する学芸員にとっては、導入するしないは別として、「ボランティア」について考える事はさけて通れないものとなっています。
 一方で、活動が盛んになるにつれ、「美術館ボランティア」固有の課題も明らかになってきました。

 本研修では、レクチャーとディスカッションを通して、美術館ボランティアの現状を把握するとともに、美術館とボランティアの関係性を客観的にとらえ、 ボランティアに係わる者にとって必要な、人間関係構築のための技術を向上させることを目的といたします。
 これらの研修体験をふまえ、参加者それぞれが、 美術館ボランティアとその活動を含めた美術館のあるべき未来像を描き出せればと思います。

内容

3月29日(木)13:00 ~ 17:00
 1. 開会あいさつ
 2. 基調講演 「日本の美術館・博物館におけるボランティアの現状」(仮)
         鈴木 眞理氏(東京大学助教授)
 3. 質疑応答
 4. グループ・ディスカッション
   基調講演をふまえて、現役のボランティア・スタッフとディスカッション
 5. 情報交換会
3月30日(金)10:00 ~ 15:00
 1. 講  演 「政治学からボランティアを考える」(仮)
         岡本 仁宏氏(関西学院大学教授)
 2. 質疑応答
 3. 講  演 「哲学的見地から考える個人としてのボランティア」(仮)
         鷲田 清一氏(大阪大学理事・副学長)

申込方法

 参加ご希望の方は、添付の申込用紙にて担当:鬼本(福岡市美術館)までFAX願います。
 なお、会場の都合がございますので、申し込み多数の場合は、こちらで調整させていただく場合がございます。ご了承下さいませ。

福岡市美術館  担当(鬼本佳代子)
〒810-0051 福岡県福岡市中央区大濠公園1-6
TEL:092-714-6051 / FAX:092-714-6145
E-mail:onimoto@fukuoka-art-museum.jp 参加申込書(PDF:17.9KB
Copyright © 2011 The Japanese Council of Art Museums All Rights Reserved.