川崎市市民ミュージアム被災収蔵品のレスキュー作業について(現況報告とお願い)

 令和元年東日本台風により被災した川崎市民ミュージアムの多数の収蔵品の安定化作業につきまして、川崎市市民文化局から令和6年度についても、継続支援の依頼がありました。
 本レスキュー作業は、美術館同士の共助としての目的のみでなく、活動を通じて資料の復旧過程などを学ぶ貴重な機会にもなっています。初めて参加される方も歓迎しております。
 学芸部門だけでなく事務部門など館内の職員にも参加のお声がけをいただき、引き続きご支援ご協力の程お願い申し上げます。

1. 作業内容:被災収蔵品の応急処置等
2. 作業期間:令和6年4月~令和7年3月末
3. 作業予定日:美術部門 月、火、水曜日
        博物部門 木、金、土曜日

 ※本活動にかかる交通費と宿泊費は、川崎市が負担し、全国美術館会議を通して支払われます。
  詳しくは、2023/10/16付け事務局からのお知らせ川崎市市民ミュージアム被災収蔵品のレスキュー作業につ
  いて(現況報告とお願い)をご覧ください。

  2024年4月1日
災害対策委員会
                            
Copyright © 2011 The Japanese Council of Art Museums All Rights Reserved.